住宅の動的耐震診断の動画はこちらから

動的耐震診断の内容

 動的耐震診断とは?

動的耐震診断とは、計測機器を建物に設置して小さな地震(震度1程度)を起こし、その時の建物の揺れを計測して、その建物が震度いくつの地震まで安全かを具体的に表示、推測する診断方法です。

 
 建物のどこが弱いかがわかりやすい計測方法

建物の東西南北4点に振動検出器を設置して計測をするため、図面と実際の違い(老朽化や雑壁による影響)がわかり、データをもとに耐震診断結果のご報告、耐震補強工事のプラン作成や必要性がわかりやすい計測方法と言えます。

 
 動的耐震診断でわかること

木造住宅の耐震性を判断する上で、もっとも大切な「建物全体の硬さ(揺れやすい建物かどうか)」と「建物各部の硬さのバランス」ですが、実際に地震波を与えて計測する動的診断では、各部の揺れ方を解析して数値として表すことができます。

 
 動的耐震診断の流れ 
1.起振機の設置  

起振機を各部に設置して振動を与えます。

 2.振動検出検査


建物の各部に設置した振動検出器により共振波を検出します。

 3.コンピューターによるデータ解析


各振動検出器から送られてくるデータをコンピューターにより解析します。

 4.現状説明


当日調査した内容の説明をいたします。

診断結果報告にお伺いする日時をご相談させていtだきます。

 5.診断結果報告書の提出


診断結果に基づく耐震診断報告書を提出いたします。

診断結果に基づく補強提案・アドバイスをいたします。

 6.耐震補強工事


調査報告に基づいた耐震補強工事のご案内、ご説明をいたします。

耐震診断に基づいた各々のご家庭にあわせた耐震補強建て替えプラン、アドバイスをご提案、ご説明いたします。

 7.補強工事効果計測



耐震補強工事完了後、あらためて動的耐震診断をおこなうことで、建物が耐震補強工事によってどれだけ強くなったかを具体的、かつ明快にご理解いただけます。

ページトップへ


秋田市寺内字イサノ92-1 株式会社 計測技研 TEL018-862-1139 FAX018-862-1964